偏頭痛 冷やす 温める

偏頭痛の場合は温めるより冷やすようにしましょう

スポンサーリンク

偏頭痛で悩まれている方はたくさんいます。
ズキンズキンとした痛みを伴います。
ひどい方は、めまいや吐き気に襲われることもあります。
個人差がありますが、1度偏頭痛がおこるとしばらく続く方が多いです。
長くて3日間くらい定期的な痛みが続くこともあります。
症状がひどい場合は頭を冷やすようにすると、痛みが軽減されます。
偏頭痛のときに温める行為は症状を悪化させてしまうことがあるので避けるようにしましょう。
部屋を暗くして静かな環境で頭を冷やすと良いでしょう。
太陽などの光は遮断するようにした方が良いです。
しかしあまりにも痛みが強くおさまらない場合には、専門医に診察してもらうようにしなければなりません。
女性に多くみられる症状で、とくに若年層に多いようです。
そのためホルモンバランスにも関係しているのではないかといわれています。
日常生活にも支障をきたしてしまいますので、早めの処置が大切です。

スポンサーリンク

偏頭痛は冷やすと楽になりますが、緊張型頭痛は温めると楽になります。
締め付けられるような痛みが特徴です。
またパソコンを長時間使用する人にあらわれやすいです。
男女問わず幅広い年齢層の方がなる頭痛です。
全くタイプの違う頭痛になりますので、自分がどのタイプの頭痛の症状であるか調べておくと対処しやすくなります。
冷やすと温めるでは全く別の対処ですから、間違えないようにしたいものです。
また緊張型と偏頭痛が混合するタイプの頭痛もあります。
そのような場合にはより症状が強いタイプの対処の仕方を選ぶようにしましょう。
冷やす対処で楽になるときは、こめかみ部分を押さえて血流を阻害することにより楽になることがあります。
動くと痛みが増しますので、ゆっくりと横になるように心がけましょう。
適切に対処することで痛みを軽減出来ます。

スポンサーリンク