授乳中 頭痛薬 カロナール 市販

授乳中の頭痛薬には市販にはないカロナールが最適

スポンサーリンク

授乳中は、ママが摂取したものは母乳を通して赤ちゃんにも届くので、薬の服用には気を付ける必要があります。
市販の薬を買う場合は、ほとんどの薬は赤ちゃんに影響がないとは言われていますが、何かあってからでは遅いので、必ず薬剤師さんのいる薬局で買い、授乳中でも飲んで大丈夫か確認することが大切です。
中には、赤ちゃんに影響を与えてしまう薬もあります。
自己判断せず、専門家の判断を正しく守るようにします。
頭痛持ちの人は、薬が飲めないのはとても辛いことだと思います。
授乳をしていると、いつも同じ体制をとることにより肩こりがひどくなり、そこから頭痛を起こしてしまう人にもいます。
薬を気を付ける上では、頭痛薬も同様です。
頭痛薬は、カロナールという薬が一番赤ちゃんに影響がなく安心と言われています。
しかし、カロナールは市販されていません。

スポンサーリンク

カロナールをもらうためには、産婦人科や内科を受診して、処方箋をもらう必要があります。
処方箋がないともらえない薬です。
また、それでも心配な場合は、授乳直後に飲み、次の授乳の時間までに薬の成分を排出できるようコントロールしながら飲む方法があります。
出産直後の後陣痛などの痛みに対してもカロナールが処方されることが多いので、そういった面からも、授乳中にカロナールを飲んでも、赤ちゃんに影響が出る、ということはまずないと考えて大丈夫と言われています。
薬を飲む場合は、風邪薬など何の薬であっても、医師や薬剤師の判断を仰いでからの方が安心です。
医師が処方したものであれば、安心して服用することができます。
市販の薬を自己判断で飲まないように気を付けるようにすることが自分にとっても赤ちゃんにとっても大切です。

スポンサーリンク