群発頭痛 初期症状

群発頭痛の初期症状

スポンサーリンク

頭痛で悩んでいる方は少なくないと思います。
頭痛にも、種類があります。
緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、緊張型と片頭痛の混合型です。
その中でも、最も症状が辛くて痛い頭痛は群発頭痛だと言われています。
患者数も少なく、あまり知られていない頭痛かもしれません。
40歳以下の男性に多く、女性の5倍ほどだと言われています。
ある期間に集中して起こる頭痛で、一度発病したら、一定期間、毎日のように頭痛が起こります。
初期症状としては、個人によりさまざまですが、耳やこめかみの痛みからはじまり、瞳孔の縮瞳、まぶたの腫れ、充血、涙、鼻づまりなどの鼻の症状なども起こります。
吐き気や嘔吐などの症状も起こることがあります。
初期症状から数分〜数十分で、目の奥の激痛となります。
群発頭痛は、別名自殺頭痛とも呼ばれるほど、辛くて痛い頭痛なのです。

スポンサーリンク

頭痛の中でも、最も辛くて痛いと言われている群発頭痛ですが、規則正しい生活により改善することができます。
治療法としては、自律神経との深いつながりがあるため、頭痛が起こっている期間中は、規則正しい生活を心がけることが必要です。
そしてアルコールで頭痛を誘発することがわかっているので、控えるようにしましょう。
病院での治療は、薬物療法になります。
発作は、急に起こるために、自分で注射するスマトリプタンの皮下注射が最も効果があると言われています。
辛い症状のために、病院に行かれる方が多いと思いますが、群発頭痛が疑われる症状がある場合は、迷わずに病院を受診しましょう。
頭痛の苦しみから開放されるように治療を受けましょう。
自律神経とも関わりがあるため、きちんと生活習慣を見直して、規則正しい生活を心がけましょう。

スポンサーリンク