緊張型頭痛 飲み物

緊張型頭痛を楽にする飲み物

スポンサーリンク

頭が痛い。
肩も首の所も張っている。
これが典型的な緊張型頭痛です。
頭痛のほとんどがこれなのです。
これは年齢、性別に関係なくどのような人にでも起こるのです。
原因は大きく分けると2種類に大別できます。
まずは、ストレス性のものです。
もう一つは、会社のオフィスや学校などで同じ姿勢でずっと緊張した状態の時などに起こります。
緊張型頭痛がどのようにして起こるのかと言うと、頭を支えている首や肩の筋肉のつっぱりや凝りによって生じるのです。
ストレスや同じ姿勢をしている事によって肩から首にかけての血流が鈍くなり首筋の痛み、肩の凝りなどになり、それにともなって頭痛が起こるのです。
この痛みから頭が何かに締め付けらるように感じたり、目の奥などが痛くなったり、ふらつく事もあります。
肩も凝って、とても重たいと感じます。
どこかに肩を捨てていきたいような衝動に駆られる痛みと凝りを感じるのです。

スポンサーリンク

緊張型頭痛の時にどのような飲み物を飲めばいいのでしょうか。
温かい飲み物です。
ただし、カフェインなどが入っているコーヒー、紅茶、緑茶などは、カフェインの血管収縮作用で痛みを強めるので避けるようにしましょう。
そして少し暗めの部屋で首や肩を回して血流を少しでも良くすることが大事です。
5分ほど肩、首などを動かした後は楽な恰好で暖かい飲み物を飲みながらリラックスします。
そして楽になってきたらお湯にゆっく浸かります。
ただし、熱いお湯は神経を刺激して痛みを増してしまう可能性がありますので、ぬるま湯に長めに浸かるようにします。
ぬるま湯に浸かったり、身体のストレッチやマッサージを行うと筋肉の緊張がほぐされ、血流が良くなり、痛みが緩和されます。
お風呂から出たらまたリラックスできる恰好でゆっくりします。
ここで大切な事が一つあります。
この時に温かい麦茶をゆっくり多めに飲んでください。
水分が少ないと筋肉などに水分が行き渡らなくなってしまうからです。
この後は、ゆっくりと休んでください。
日が経つにつれ、緊張型頭痛の痛みも少しずつ楽になっていくことでしょう。

スポンサーリンク