緊張型頭痛 ロキソニン 効かない

ロキソニンで効かない緊張型頭痛の治療

スポンサーリンク

命に関わるような頭痛を除くと、緊張型頭痛の占める割合は、とても多くなります。
緊張型頭痛の原因は、頸部の筋肉が緊張状態になって炎症を起こして、神経が締め付けられるためです。
このうち前者の筋肉に関しては、僧帽筋が有名です。
僧帽筋は、頸部から背中までの広い範囲を覆う筋肉で、頸部では頸椎を超えて後頭骨に付着します。
この後頭骨に付着する前に、頸椎の2番目から大後頭神経が、体表に近い部分に出てくるのです。
この大後頭神経が、後者の締め付けられる神経の代表的なもので、頭痛を引き起こすことになります。
こうした仕組みで痛みが起こる緊張型頭痛に対して、ロキソニンがよく利用されます。
しかし、ロキソニンを利用しても、効かないことがありまして、問題になることがあるのです。
ロキソニンは、日本で流通している非ステロイド性消炎鎮痛剤のなかでも、とくに有名な薬になります。

スポンサーリンク

有名である理由は、副作用が少ないにも関わらず、高い消炎鎮痛効果が期待できるからです。
その高い消炎鎮痛効果でも、十分に効かないことがあるのです。
理由としては、いくつか存在しますが、筋肉の炎症が強過ぎることが、よくあるパターンになります。
すなわち、薬による消炎鎮痛作用を上回るような、強い筋肉の炎症が生じているのです。
このような強い筋肉の炎症を改善するためには、筋肉の緊張を緩和することが大切になります。
例えば、マッサージ治療は筋肉の緊張の緩和によく利用されますが、緊張型頭痛にも有効です。
日本のマッサージ治療は、東洋医学的な治療と、西洋のマッサージを組み合わせています。
そのため、幅広い疾患に対して、治療を行うことが可能な治療法なのです。
したがって、緊張型頭痛を呈する場合には、マッサージを利用すると、効果的に改善が期待できます。

スポンサーリンク