緊張型頭痛に効く市販薬

緊張型頭痛に効く市販薬の使い分け

スポンサーリンク

頭痛は、病気をすることの多い高齢者はもちろんのこと、病気の少ない若い世代でもよく発症します。
なかでも発症することが多いのが緊張型頭痛で、頭痛全体でもいちばん多いタイプです。
頭痛は、脳内出血のように命に関わるものもありますが、緊張型頭痛は命に関わることはありません。
そのため、実際に頭痛が発症しても、医療機関を受診して治療することは、少ない傾向があります。
しかし、実際には痛みがあるので対策をするのですが、そこで利用されるのが市販薬です。
緊張型頭痛に効く市販薬は、ドラッグストアにて、たくさん販売されています。
このたくさん販売されているところがポイントで、用途や症状に応じて、使い分ける必要があるのです。
緊張型頭痛に効く市販薬で、いちばん利用されているのが、非ステロイド性消炎鎮痛剤になります。

スポンサーリンク

非ステロイド性消炎鎮痛剤は、プロスタグランジンの生成を、抑制する働きがあります。
プロスタグランジンとは、体内における発痛物質の一つで、痛みと密接な関連があるのです。
そのため非ステロイド性消炎鎮痛剤は、炎症の抑制に優れていて、利用される機会が多いのです。
いっぽう、プロスタグランジンの生成の抑制に伴って、胃腸障害を引き起こし易いという欠点もあります。
こうした胃腸障害のリスクの少ない、緊張型頭痛に効く市販薬が、アセトアミノフェンを主成分にしたお薬です。
アセトアミノフェンは、風邪などの発熱時に、解熱剤としてよく利用されている成分です。
その対象となる年齢は、大人ばかりではなくて、小児にも適応があります。
いっぽうで、アルコールと一緒に服用すると、肝機能障害を起こすリスクも存在します。
このように緊張型頭痛に効く市販薬には、各々に特徴があるので、理解して使い分けることが大切です。

スポンサーリンク