緊張型頭痛 食べ物 改善

緊張型頭痛を食べ物で改善させる方法

スポンサーリンク

緊張型頭痛は、肩こりやストレスなどが原因で起こる頭痛です。
症状としては、頭を締め付けられるような重苦しい痛みがあり、肩や首の痛みも伴いひどい場合は吐き気やめまいが起こることもあります。
緊張型頭痛が起こるメカニズムとしては、ストレスや疲労により血流が悪くなり肩や首の筋肉が緊張して頭痛につながるというものです。
原因は、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている、偏った食生活による栄養不足、運動不足による代謝や筋肉量の低下、ストレスや疲労、睡眠不足による自律神経の乱れなどがあります。
つらい痛みの症状が出ている際の対処法としては、蒸気で肩まわりを温める、首を回転させたり倒したりなどのストレッチをして肩まわりの筋肉をほぐすなどの方法が効果的です。
しかし、これはあくまでも応急処置ですので緊張型頭痛の根本的な改善には至っていません。

スポンサーリンク

緊張型頭痛を改善させるためには、日頃の生活習慣を見直して栄養バランスの良い食事を心がけたり適度な運動をして代謝をアップさせたり良質な睡眠をとって自律神経を整えたりすることが重要になります。
食事については、ビタミンやミネラル、タンパク質をバランス良く摂取することが大切です。
ビタミンやミネラルが多く含まれる食べ物は野菜や果物などです。
タンパク質が多く含まれる食べ物は魚や肉や大豆製品や乳製品などです。
そして、代謝をアップさせるためには体を温めることも大切なので、根菜類やネギ、ニンニク、ショウガを食事に取り入れるのも効果的です。
運動は、代謝や筋力をアップさせる効果のほかにリフレッシュ効果もあるのでストレスの軽減にも役立ちます。
そして、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって体の芯まで温めたりマッサージをしたりしてリラックス効果を高めることも大切です。
寝る前の習慣にすることで睡眠導入効果も期待できます。
代謝をアップさせて血液のめぐりの良い体をつくり、緊張型頭痛の改善や予防に努めましょう。

スポンサーリンク