頭痛 原因 おでこ 対処法

おでこに現れる頭痛の原因と対処法

スポンサーリンク

統計によると、三人に一人が慢性的な頭痛に悩まされていると言われています。
現代病の一つともされ、ストレスの多い現代社会における生活が、大きな要因となっています。
おでこに頭痛が現れる原因は、大きく分けて3つあります。
一つ目は、精神的なストレスによって筋肉が収縮し、脳が興奮状態になるからです。
二つ目は、長時間同じ姿勢をとることによって、体の血行が悪くなり、疲労物質がたまり神経が収縮するからです。
三つ目は、オフィスワークで長時間パソコンのスクリーンを見ることにより眼精疲労を起こし、おでこの筋肉が収縮するからです。
そのほか、断続的に目に差し込む光、音などによっても引き起こされます。
そのため、慢性的なおでこの頭痛に悩まされている人は、日常生活の中から原因となる要素をできるだけ取り除くようにすることが必須になります。

スポンサーリンク

おでこの頭痛の対処法としては、薬を飲む人も多いようですが、あまり薬に頼りすぎるのも良くないため、自分でできる方法を試してみてはいかがでしょう。
頭痛の原因は筋肉の収縮や血行の悪化であることが多いため、まずは血行を促進し、筋肉を緩和することが大切です。
ゆっくりとお風呂につかり血行を促進したり、ホットタオルを首に乗せて温湿布にするなどが効果的です。
また、ツボを押して、頭の筋肉を緩和するという対処法もあります。
足の裏には、頭をつかさどる多数のツボがあるため、指の腹でぎゅっと押してみるとよいでしょう。
特に、足の人差し指と中指の間にある陥谷、親指にある大脳、人差し指に近い場所にある三叉神経が良いとされています。
予防策としては、デスクワークは根を詰めてやらずに適度な休憩をとることが重要で、1時間に10分から15分の休憩を取るようにしましょう。

スポンサーリンク