頭痛 こめかみ 前頭部 緩和

前頭部やこめかみを冷やし頭痛を緩和させる方法

スポンサーリンク

頭痛には様々な種類がありますが、その中でも最も多くの人を悩ませているのが緊張型頭痛です。
疲労やストレスなどの影響で血液の流れが悪くなり首や肩や頭の筋肉が緊張して痛みがあらわれるというものです。
その痛みは締め付けられるような重苦しい鈍痛で、ひどい場合は吐き気やめまいを伴うこともあります。
つらい痛みの症状が出ているときの対策としては、痛みを緩和させるためのツボを押す、首を回したり倒したりしてストレッチをする、肩や首を蒸気でじっくりと温めるなどが効果的です。
筋肉をほぐし代謝をアップさせて血行を促進させることを心がけましょう。
そして、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることやパソコン作業などで目を疲れさせることが原因となることもありますので、こまめに体を動かしたり目を休ませたりすることも大切です。

スポンサーリンク

緊張型頭痛の次に多く見られるのが片頭痛です。
はっきりとした原因は解明されていませんが、ストレスや疲労が深く関係していると見られています。
ストレスや疲労の影響で頭の血管が拡張して炎症を起こすことで痛みにつながってしまうというものです。
ズキンズキンと波打つような痛みや動かしただけでガンガンと頭に響くような痛みがあります。
痛みが出る前に目がチカチカするなどの前兆があらわれることもあります。
痛みを緩和させるための対策としては、前頭部やこめかみを冷やして血管を収縮させるのがよいでしょう。
温めると血管がさらに拡張して痛みを助長させてしまうので気をつけましょう。
前頭部やこめかみを押して血管を圧迫して血流を阻害するという方法も効果的です。
頭痛はストレスや疲労が原因となることが多いので、食生活を見直したり運動をしたり睡眠をしっかりとるなどの健康を意識した生活習慣を身につけることも心がけましょう。

スポンサーリンク