頭痛 原因 後頭部 ズキン

後頭部がズキンと感じる頭痛の原因について

スポンサーリンク

後頭部をズキンという痛みが発生することが多い場合には、ただの片頭痛という病気であることが多いです。
この病気が起こる原因として、頭の動脈が広がることによってズキンという痛みを誘発することが多くなっています。
1回発生すると定期的に発症していく病気となっているため、数時間痛みが継続することもあります。
この病気は頭の動脈が傷ついていることで発生する事が多く、脈打つ度に痛みを発症させることもあります。
また片頭痛という名前から頭の半分が痛み出すと認識されることがありますが、実際には両方が痛みを発生させることがあります。
しかしそういった場合においても、強い痛みについてはどちらか片方に症状が出る傾向の方が強くなっています。
痛みの原因として頭の動脈が傷つくことで発生するため、頭部を冷やすことによって症状が緩和されていきます。
そのためこの病気や症状の特徴として、発作性があることや突然発生することが多いものとなっています。

スポンサーリンク

 頭痛の症状として後頭部がズキンと痛みを感じることがありますが、原因として動脈が傷ついている時に発生することがあります。
この症状を片頭痛と呼ばれている病気となりますが、特徴として光や音によって痛みが悪化することがあります。
この病気は朝目覚めた時に発症することが多いですが、時間の経過と共に症状が緩和されることが多くなっています。
また仕事などが終了したことによって、緊張感の解放からも同様の症状が発生することがあります。
理由として仕事などが終わることにより緊張状態ではなくなるため、それによって頭の血管が拡張されることがあります。
その現象によって片頭痛が発生することがあり、後頭部をズキンという痛みが襲うケースもあります。
またこの症状や炎天下や高温化といった環境でも発症しやすいため、春から夏にかけて病気にかかる人が一時的に増加します。
逆に気温が低下する秋から冬にかけては、この病気や症状についても発症率が一時的に低下していく流れとなっています。

スポンサーリンク