ピル 偏頭痛 対処法

ピルと偏頭痛の関係と対処法

スポンサーリンク

ピルは基本的に処方箋が必要となりますが、残念ながら副作用があります。
ピルの使い始めは頭痛、吐き気めまいなど、副作用を訴える方も少なくありません。
副作用による血栓症という病気を患い、亡くなっている方もいるというのが現状です。
またピルにより、偏頭痛が起きてしまうこともあります。
偏頭痛とは、寝不足、不規則な生活などにより簡単に起きてしまう頭痛です。
起きると頭が重いと思ったり、脈に合わせて痛むようなのが前兆です。
この前兆を早く見極め、薬を飲むと、回復しやすいということが分かっています。
ただ痛み止めを毎日飲んでしまうとだんだん効果もなくなってきます。
当たり前ですね、体が慣れてきてしまうのです。
痛み止めを服用し続けるというのはしょうがないことかもしれませんが、ピルを服用することにより悪化してしまうようなら禁忌とした方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、ピルは生理痛を和らげる効果もあります。
先ほど禁忌と申しましたが、どうしようもないという時は服用せざるを得ないと思います。
ただ何度も言うように副作用がある可能性もあります。
偏頭痛が起きた場合どうすればいいのかを簡単に説明いたします。
寝れる環境と時間があれば、暗いところ+静かなところで寝るのが一番です。
これほど効率的な治し方はありません。
ただ、多忙な方で「寝てる時間はないよ」という方は、痛み止めを服用することで軽減されます。
また、偏頭痛は筋肉が凝り固まった状態、つまり凝っているという状態でも起きてしまうことが分かっています。
「自分は肩こりがひどいな」と思っている方はマッサージに行ったり、自分で肩を回してみたりなど、筋肉をほぐすことで少しは軽減するかもしれません。
まとめですが、ピルには副作用があります。
それは皆さん全員がかかるというわけではありません。
自分の体と向き合い、偏頭痛と付き合っていくことが必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク