群発頭痛 タバコ 悪影響

群発頭痛を及ぼすタバコの悪影響について

スポンサーリンク

群発頭痛は頭痛の一種で、一般的な頭痛とは違い、ある時期に集中して起こったり、目の奥がえぐられるほどの痛みと表現されることもあるくらいひどい痛みを伴うものなので、普通の頭痛とは違います。
その違いは、本人がすぐに感じるはずです。
とても我慢できるものではないので、とにかく病院へ行くことです。
病院で群発頭痛だと診断されれば、それに合った薬を処方されますし、何より次にいつあの強烈な痛みが来るのかと心配して過ごすリスクが軽減されます。
病院では、明け方に起こる頭痛を予防する薬や、痛みの発生時に飲む薬、純酸素吸入法といった治療で痛みを軽減させてくれます。
群発頭痛は、発生時の痛みはもちろん、次にいつやってくるのかという恐怖が付きまといます。
長期間の治療となりますが、予防法や、原因を取り除く方法など、自分に合ったものを取り入れてください。

スポンサーリンク

群発頭痛のメカニズムはまだ解明されていません。
今の段階でよく言われていることは、血管の拡張、気圧の急激な変化が原因なのではないか、ということです。
そこで、注意したほうがいい物のひとつとして、タバコがあげられます。
他にも悪影響を与えるものとしては、飲酒、飛行機、登山などです。
飛行機と登山は、急激な気圧の変化を避けるためですが、これについては医師と相談した上で判断したほうがいいでしょう。
飲酒は、高確率での頭痛の原因という結果が出ています。
そして、タバコも誘因の一つだと言われています。
喫煙後に症状が現れると思い当たる方は、すぐにやめるのが賢明です。
タバコは、健康な人でも様々な悪影響を及ぼすことは、言うまでもないことですが、タバコが頭痛の引き金になっているケースは、稀ではありません。
禁煙なんて無理という方も、群発期には禁煙している、せざるを得ないというのが現状です。

スポンサーリンク