群発頭痛 ロキソニン

群発頭痛にロキソニンはあまり効かないのか

スポンサーリンク

最近の世では、頭痛がした時=ロキソニンというイメージが強くなってきていると思います。
CMでも放送しているので、薬局やドラッグストアに行って買うことが多くなったという方もいるかと存じます。
なので有名であり、なおかつ副作用も少なく安全性があります。
また効き目もよいことで、注目を集めています。
基本人は薬を飲んで「これは薬だ、この薬を飲んだから痛みがなくなる」と思う生き物です。
それをプラセボ効果と言います。
病は気からと言いますが、同じような原理だと思います。
しかし、群発頭痛は一次性頭痛の中で最も痛みが強い頭痛と言われています。
ロキソニンなどの鎮痛剤を痛んだ後に服用してもあまり効かないということが分かっています。
そして、群発頭痛はプラセボ効果が出にくいとされています。
つまり、痛んだ後に「これは薬だから、なおるぞ」と思って服用してもあまり効かないまま、治ることは少ないのです。

スポンサーリンク

それでは、群発頭痛が起きてしまった時どう対処すればいいのかです。
まず、群発頭痛は前兆があると言います。
軽い痛みや首の張りなどが現れます。
それが分かったと同時に、頭痛が起きる前に鎮痛剤を飲む、鎮痛剤を予防薬として飲むということが一番有効です。
もし、その予防方法で発作が起きてしまう場合は、スマトリプタンと言われる薬剤を太ももに注射するのがいいらしいです。
ただ周りに人がいる場合に太ももを出して注射なんかできませんよね。
なのでスマトリプタンの点鼻薬も出ているそうです。
しかしこちらは注射と違って、保険適用がされません。
どちらも発作が始まったと同時に服用(注射)するのが最も効果を出してくれます。
自分の体と向き合って、発作が起きる時を知る、また前兆を知ることが必要不可欠ということです。
費用は高くなってしまいますが、ロキソニンが効かず毎回のように苦しんでいるのでしたら、ぜひ実行してみてください。

スポンサーリンク