ロキソニン60 効能 効果 

ロキソニン60の効能効果や持続時間について

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「ロキソニン60の効能効果や持続時間について」お話をしていきたいと思います。
ロキソニンは痛みや腫れを抑え、熱を下げる非ステロイド系の鎮痛・抗炎症・解熱剤として有名なお薬です。
頭痛や生理痛、風邪等の痛み止めや発熱、歯痛など、幅広い疾患の痛み止めとして効果をもたらし、使用されています。
このロキソニン60について詳しくお伝えしていきます。
ロキソニン60はロキソプロフェンナトリウム水和物が有効成分で、変形性関節症、腰痛症、関節リウマチ、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後や抜歯後の鎮痛・消炎、風邪や急性気管支炎などの解熱・鎮痛に効果効能があります。
通常は1日3回、風邪や急性気管支炎で痛みや熱を伴う場合は、1日2回内服します。
ただ、年齢、症状により内服する量や回数は変わりますので、処方してもらう際に、医師に確認する必要があります。
また、空腹時での内服は避けるように指示があります。

スポンサーリンク

このように解熱、痛み止めとして効能効果が認められていますが、副作用もあるので注意が必要です。
主な副作用としては、浮腫・むくみ、消化器症状(腹痛、胃部不快感、悪心・嘔吐、食欲不振、下痢等)、肝臓機能への影響、眠気、かゆみ等が報告されています。
ロキソニンは効果が現れるまで、少なくとも15分から60分かかります。
平均して30分程度は効き目が出るまで時間がかかるので、痛みが酷くても待つことが大事です。
また、原則として1回につき、1錠内服しますが、抜歯をして痛みが酷い時などは、医師の判断の元、2錠内服することもあります。
効果の持続時間は抜歯や小手術の場合、平均7時間、口腔外科手術の場合は、平均5〜6時間という報告がされています。
ですので、1日に2回以上、ロキソニン60を服用する場合は、4〜6時間は間隔をあけて使用するようにしましょう。
いずれにせよ、ロキソニン60は処方箋が必要なお薬ですので、内服する用法や用量については、医師、薬剤師の指示を守り、違和感を感じたら、早急に医療機関に相談するように気をつけて下さいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク