群発頭痛 ストレス

群発頭痛とストレスの関係

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「群発頭痛とストレスの関係」についてお話をしていきたいと思います。
群発頭痛についてご存知ですか?
目の奥がえぐられるような痛みを感じ、頭痛する側の顔や額から汗が出たり、涙が出る、目が充血する、まぶたが腫れる、鼻水が出るなどの症状が現れます。
頭痛は頭の片方か、両方に現れる場合があり、痛みが始まると酷くて、じっとしていられなくなります。
人によっては、痛みのあまり、壁に頭を打ち付けたり、拳で床を殴って骨折してしまった人もいるくらいです。
また、痛みが酷いため、会社を辞めざるを得ない場合もあるようです。
この群発頭痛は、一度発症すると毎日のように1〜2ヶ月痛みが続きます。
1回の頭痛は、15分から人によっては3時間くらい持続します。
深夜や明け方等の決まった時間に起こり、痛みの発作が襲ってくる時期も大体決まっています。

スポンサーリンク

この群発頭痛は20代30代の働き盛りの男性に多く見られますが、最近では女性でも発症する人が増えています。
群発頭痛は目の後ろを走っている動脈の血管に何らかの理由で炎症が起こり、炎症で拡張された血管が周辺の神経を刺激して発生します。
20代30代の会社で働く男性によく起こることから、アルコールやタバコ、飛行機による気圧の変化、睡眠不足やストレスが原因であるとされています。
ですので、群発頭痛が起こる時期には、喫煙や飲酒を避け、十分な睡眠を取り、ストレス解消に努めるなど、規則正しい生活を心がける事が大事になります。
また、群発頭痛が起きる時期を把握しておいて、前もって医師に相談し、予防薬を服用しておくと発作の痛みや回数を減らすことが出来ます。
中には、群発期のスケジュール表を作り、それに合わせて、頭痛が起こらない時期だけ契約社員として働いている人もいます。
実際に群発頭痛を発症したら、スマトリプタンの皮下注射や高濃度酸素を吸入することで痛みを軽減させることが出来ます。
ですので、前もって相談出来る医師を見つけておき、いざというときにはすぐに対処出来るよう予防しておきましょう。
どうぞくれぐれもお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク