緊張型頭痛 薬 効かない

緊張型頭痛に薬は効かないですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「緊張型頭痛に薬は効かないですか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
仕事が忙しく、睡眠不足が続くと首や肩のコリが酷くなり、頭全体が締め付けられるような痛みを覚えることがありませんか?
痛み出すと、毎日のように続くのであれば、緊張型頭痛になっている可能性があります。
この緊張型頭痛は、デスクワークで前かがみの姿勢で仕事をするなど、長時間同じ姿勢でいたため、血流が悪くなり、筋肉の緊張を生み出して起こります。
また、職場の仕事や人間関係、家庭内のトラブルなど精神的ストレスと身体的ストレスが重なると、神経や筋肉の緊張を強めてしまい、頭痛を引き起こすことも多々あります。
症状には、頭痛のみならず、肩、首のコリ、めまい、だるさ、ふらつきなども伴います。
この緊張型頭痛にかかったら、ストレッチ体操やウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動、マッサージなどを定期的に行い、体全体の血液の循環を良くすることが大事です。

スポンサーリンク

また、パソコンやスマートフォンの画面を見る時の姿勢に注意して、猫背にならないように気をつけなければなりません。
寝る時の枕の高さも関係してきますので、自分の首に合った枕を使うようにしましょう。
緊張型頭痛には、鎮痛・抗炎症・解熱剤のロキソニンが効果があります。
このロキソニンは内服してから、効き目が出るまで30分から50分位時間がかかりますので、少し待つことが大事です。
もしも、ロキソニンを飲んでも、効き目がない場合は、偏頭痛にかかっているのかもしれません。
偏頭痛の場合は、偏頭痛専用のトリプタン製剤を内服する必要があり、ロキソニンを飲んでも効果があまり現れないからです。
また、緊張型頭痛と偏頭痛が合併して発症する場合もありますので、このような頭痛の症状が現れたら、病院を受診して医師の判断の元、適切な薬を内服するようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク