頭痛 押すと痛い

押すと痛い頭痛の原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「押すと痛い頭痛の原因」についてお話をしていきたいと思います。
頭痛にも色々な種類や程度があります。
この押すと痛い頭痛の症状は何が原因なのでしょうか?
通常、頭痛は、何もしなくても頭の内部から痛みを感じます。
その痛み方も後頭部のみや頭全体など、痛い部分も人によってそれぞれです。
この頭を押すと痛い箇所は、頭皮にコリが溜まっているのです。
生え際や頭のてっぺん、側頭部など押してみると、こっているかどうかが自分でも分かります。
また、こめかみに触れただけで、頭痛がする疾患があります。
これは、後頭神経痛と呼ばれている頭痛です。

スポンサーリンク

症状としては、髪の毛に触れただけでビリっとする痛みが走ります。
このように、頭を押すと痛い頭痛には、頭皮のコリによる場合と後頭神経痛による場合があります。
頭皮がこっている場合は、頭皮を押すと頭皮の表面に痛みを感じたり、目が疲れる、肩こりがするなどの症状も現れます。
後頭神経痛が原因の場合、痛みは後頭部の神経がある所に現れ、頭皮や頭がズキズキと痛みます。
この主な原因は、ストレスやデスクワークで長時間同じ姿勢でいるためと考えられています。
特に、悪い姿勢で長時間お仕事や作業を続けると、後頭神経痛にかかりやすいのです。
ですので、同じ姿勢をずっと続けないように気をつけることが大事です。
1時間に一度は、首を回したり、前後左右に倒すなど軽いストレッチをしましょう。
肩をくるくる回すのも効果があります。
また、体全体の血行を良くするために、毎日30分は歩くようにしましょう。
ゆっくりと入浴したり、髪を洗う前や後の頭皮マッサージもいいですね。
このように、心身のリラックスを心がけ、押すと痛い症状を少しずつ改善させていきましょう。

スポンサーリンク