群発頭痛 入院

群発頭痛で入院する必要がある場合について

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「群発頭痛で入院する必要がある場合について」お話していきたいと思います。
皆さんは、群発頭痛についてご存知ですか?
ある期間に集中して頭痛が起こります。
春先、秋口等の季節の変わり目に発症し、一度痛みが起こると毎日のように頭痛が続きます。
この痛みは、大体1〜2ヶ月続きます。
そして、半年から2〜3年くらい、しばらく時間が経つとまた、似たような頭痛に悩まされるのです。
この頭痛の起こっている期間は群発期と呼ばれます。
群発頭痛は、20代から40代の男性に多く見られのが特徴です。
群発頭痛の痛みは激しく、目がえぐられるような痛みと表現されます。
痛みを解消するために、動きまわったり、頭を壁に打ち付けるような人もいます。

スポンサーリンク

痛む箇所は、頭の片側で、目の奥や周囲に現れたり、頭の片側や上顎の辺りまで広がります。
発症すると1日に1〜2回起こり、1回の痛みは15分から3時間くらい続きます。
毎日、ほぼ、同じ時間に痛み出すのが特徴で、強い痛みで目が覚めてしまうこともよくあります。
痛みの他にも、目の充血や鼻水、涙等の症状を伴うことがあります。
群発頭痛の原因
群発頭痛はアルコールを飲むと飲酒後、1時間程で発作現れやすいため、アルコールが原因になる場合が多いようです。
ですので、この頭痛が起こる時期には、飲酒を避ける必要があります。
他には、気圧の変化やタバコが原因になる場合もあります。
群発頭痛は、目の後ろを通る血管が拡張されて炎症を引き起こし、その結果、目の奥が痛むのです。
群発頭痛の治療には、純酸素吸入法や薬物療法が行われます。
医師と相談されて、痛みがあまりにも酷く、適切な治療を受けるために入院が必要ならば、入院治療お勧めします。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク