頭痛 こめかみ 押すと痛い

頭痛に似た症状としてこめかみを押すと痛い場合について

スポンサーリンク

頭痛は感じていないが症状としてこめかみを押すと痛いと感じるケースがあり、原因については次の通りとなっています。
これは神経痛の一種となっている病気であり、こめかみに触れることで痛みを感じるケースが多くなっています。
原因としては首の骨の変形やヘルニアから誘発することがあり、これらの症状からの2次被害的要因となっています。
治療方法については内科を受診して治すのではなく、整形外科を利用して完治させていく流れとなります。
また筋肉を使いすぎることによって、筋肉痛や炎症といった症状を発症させることもあります。
この場合に治療方法としては、患部を冷湿布を使用して冷やしていくことで早く完治していきます。
さらにテレビやパソコンを長時間見ることでも発生することがあり、何かと発生しやすい症状となっている点に注意が必要です。
眼精疲労を避けることで症状を避けることが出来るますが、症状がひどい場合においては眼科で治療を行っていきます。

スポンサーリンク

 頭痛ではないがこめかみ周辺を押すと痛いと感じる原因については他にもあり、虫歯が悪化すると同様の痛みを誘発することがあります。
虫歯が悪化すると痛みの神経が口の中以外にも発生することがあり、それが頭部へ伝達していくこともあります。
それによって発熱や微熱がなくても頭が痛くなることがあるので、虫歯がある場合には早急に治療をすることが大切です。
またアルコールを大量摂取することでも発生率が高くなり、二日酔いとなるほど多く飲酒をすると発症することがあります。
アルコールに含まれている成分が脳内で濃度が上昇していき、それを緩和や中和させるために酸素が大量に送られていきます。
この流れによって血管が通常時異常に広がっていくため、頭痛に似た症状を発症させることがあります。
対策として多く飲みすぎないことであり、少量の飲酒であれば二日酔いを起こすほどにはならないです。
なので自分の中で飲みすぎを注意する心構えが、頭痛に似た症状を発症させないための一番の対策法となっています。

スポンサーリンク