後頭部 ピキピキ

後頭部がピキピキと痛む原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「後頭部がピキピキと痛む原因」についてお話をしていきたいと思います。
後頭部がピキピキと痛い場合は、後頭神経痛にかかっているのかもしれません。
後頭神経痛の主な症状は、耳の後ろが痛い、目の奥が痛い、後頭部全体か一部が痛い、髪をとかすと痛みを感じる等です。
また、後頭神経痛は、偏頭痛や緊張型頭痛と診断された事があったり、ストレスが多い、又は、姿勢が悪い人に多く見られる疾患です。
毎日、パソコンに向かうデスクワークをされている方ですと、画面をじっと見つめるために、普段の姿勢が猫背になりがちです。
そうすると、本来は、カープがある首の骨がまっすぐになるストレートネックになってしまうのです。
このストレートネックになると、重い頭を背中の筋肉が支えきれなくなるため、首や肩にコリが生じるようになります。
コリが生じるようになると、今度は、この部分の神経が刺激を受けるため、後頭神経痛が起こるのです。

スポンサーリンク

また、他にも風邪引きや、外傷、ストレスなども大きな原因とされています。
特に、日頃から仕事で忙しくしていて、ストレスが溜まっている方に多いことや、風邪などで体調不良に陥っている方に多いことから、生活習慣の乱れが大きな要因ではないかと言われています。
このような頭痛がしたら、病院でMRIやCTスキャンで調べてもらい、異常がないかどうかを確かめることが大事ですが、もしも、検査しても異常がない場合は、ストレスを溜め込み過ぎていないかどうか、今一度、振り返ってみてください。
日頃から、ジョギングやウォーキング、ストレッチ体操などを積極的にするようにして、ストレス解消を図っていくことが大切です。
また、このような症状で辛い場合は、病院にて診察を受ければ、消炎鎮痛剤や安定剤を処方してもらうことが出来ますし、痛みが酷い場合は、ブロック注射も行われています。
ですが、これらの投薬や注射は一時的な効果しか、発揮しないので、自分でも生活習慣を正していくことが重要です。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク