頭痛 後頭部 痛い 原因

後頭部が痛い頭痛の原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「後頭部が痛い頭痛の原因」についてお話していきたいと思います。
頭痛は、色々な原因で引き起こされるので、出来たら、根本的な原因を突き止めて、早めに治したいものですね。
その上、原因を特定出来ると、今後、同じように頭痛に悩まされないように予防することも出来ます。
ですので、一緒にその対処法について、探って行きましょう。
後頭部が痛い場合の頭痛を引き起こす原因は、主に次の疾患が考えられます。
1.後頭神経痛
後頭神経痛は、頭の後頭部の神経が刺激され、痛みが生じます。
後頭部には、後頭神経と呼ばれる神経が通っています。
職場や家事等でストレスを感じると、この神経の周囲の筋肉が緊張して、後頭神経を刺激するために、頭痛が起こります。
症状としては、
・後頭部にズキズキと痛みを感じる。
・耳の後ろが痛い。
などです。
これらの症状がある場合は、
・痛みの発生している後頭部を冷やす。

・首筋を温め、首、肩のコリをほぐす。
・ストレス解消をするように努める。
事が大事になります。

スポンサーリンク

根本的には、ストレスが原因になっている場合が多いのですから、日頃から自分に厳しくなり過ぎていないか、気をつけ、ストレスを溜めすぎないように気をつけましょう。
2.緊張性頭痛
緊張性頭痛は、首、肩の筋肉が緊張することが原因で起こる頭痛です。
首、肩の筋肉が緊張すると、身体の血行が悪くなり、老廃物などが蓄積されていくのです。
その結果、血管にもストレスがかかり、周囲の神経を刺激するため、痛みが生じます。
症状としては、
・頭全体、又は、後頭部に痛みを感じる。
・頭痛が毎日起こる。
・痛みはどちらかと言うと鈍痛。
・肩こりや首筋のコリを伴う。
等です。
これらの症状は、筋肉のコリが大半の原因ですので、デスクワークでパソコンに長時間向かって作業されている方は、1時間に一度は、休憩時間を挟み、ストレッチ体操を行うようにしましょう。
また、普段から、うつむき加減で長時間パソコンに向かっている方は、正しい姿勢で作業を行うようにしましょう。
普段、シャワーで済ませている方も、入浴して身体の血行を良くすると改善されますので、なるべく毎日、入浴するように心掛けてみて下さいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク