妊娠初期 ロキソニン

妊娠初期にロキソニンを服用しても大丈夫ですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「妊娠初期にロキソニンを服用しても大丈夫ですか?」というテーマでお話していきたいと思います。
皆さんは、ロキソニンというお薬をご存知ですか?
私も頭痛が酷い時には使っています。
痛みが激しい時には、炎症を沈めて、熱なども抑えてくれるので、手放せないです。
わたしの友人も生理痛が痛くて我慢ができない時には、使っているそうなのですが、いつものように、生理が始まる前に、イライラして、胸が張るので、ロキソニンを飲んだのだそうです。
そうして、様子を見ていたのですが、いつまで経っても生理が来ないので、おかしいと思い、検査してみると、陽性反応が出たとのことでした。
こういう場合、お腹の赤ちゃんに影響がないかどうか、とても不安になると思います。
実際、ロキソニンはどのような特徴がある薬なのでしょうか?

スポンサーリンク

・ロキソニンの概説
ロキソニンは、炎症や熱を起こすプロスタグランジン(PG)という物質が合成されるのを抑制します。
この薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬と呼ばれ、色々な痛みに用いられています。
中でも、このロキソニンの有効成分であるロキソプロフェンは安全性が高いとされ、効果もあるため、よく使われているのです。
解熱、鎮痛、消炎作用などがあり、比較的副作用が少ない系統のお薬です。
ですので、私の周りの妊婦さんも、かかりつけの医師から痛みが酷い時に飲むように処方してもらっていました。
他の友人の妊婦さんも、産婦人科の医師に相談した所、胎児には何の影響もないと言われたそうです。
ただ、ロキソニンの添付文書を読んでみると、「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。」と書いてあります。
ですので、安全とは言い切れない部分があります。
まずは、担当の産婦人科の先生に相談して服用してもいいかどうか、訊いてみるのが一番いいです。
私の知り合いのように、知らないで内服してしまった場合も、とにかく医師に相談して、今後、どのように対処していったらいいか、訊いてみましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク