授乳中 頭痛薬 バファリン 

頭痛薬のバファリンを授乳中の女性が服用を避けるべき理由について

スポンサーリンク

苦労して産んだ赤ちゃんを育てるために授乳をすることがありますが、同時に薬の服用について一部制限や避けるべき要因というものがあります。
そこで授乳中の女性が頭痛薬のバファリンを使用することについて、どういった避けるべき要因があるか説明をしていきます。
バファリンという薬にはアスピリンという成分が多く配合されており、これが授乳する赤ちゃんに対して影響を与えることがあります。
厳密に説明すると悪影響はありませんが、赤ちゃんにとって必要のない成分となっています。
この内容や情報については販売元の会社のホームページでも公開されているので、事前に確認をしておくと良いです。
万が一赤ちゃんがこの成分を服用することによって、排便するときの便が若干緩くなってしまうことがあります。
ですが健康上において大きな悪影響ではないため、万が一飲んでしまった場合でも神経質になるほどではないです。
しかし若干でも悪影響を及ぼすことに違いはないため、授乳中はバファリンを始めとする頭痛薬は服用しない方が良い傾向にあります。

スポンサーリンク

 一般的に授乳中の女性がバファリンという頭痛薬の服用を避けるべき理由として、赤ちゃんに対して必要無い成分が入っているためです。
ですが中にはそういった事情を知らないことによって、授乳期間中でも間違って使用をしてしまうケースもあります。
そういった場合の対処法についてですが、次のような方法が有効となっています。
基本的に服用してしまった後はしばらく時間をおくことが大切で、半日くらいは様子見をすることがポイントです。
半日くらいすれば薬の成分が抜けていくため、その後は赤ちゃんに対して授乳を行っても問題ないです。
ですので飲んでしまった場合においては、時間を半日くらい置くということが大きなポイントとなっています。
それでも飲みたくなった時には、医師に相談をすることによってクリニックでの監視下の元使用することが出来ます。
このように万が一飲んでしまった場合においても、きちんとした対処法を行っていけばその後赤ちゃんに対して授乳を行えるようになります。

スポンサーリンク