頭痛 原因 頭を振ると痛い

頭痛で頭を振ると痛いと感じる原因について

スポンサーリンク

頭を振ると痛いと感じてしまう頭痛の原因としていくつかの事例がありますが、大きく分けて2種類のタイプがあります。
1つめに生命の危険性がない症例となっており、病気としては片頭痛を持っている時に発生することがあります。
特徴として頭を振ると痛いと感じる症状の他に、吐き気に襲われたり胃がむかむかするなどを感じることもあります。
痛みの原因については頭部の動脈の血管拡張と炎症が多くなっており、基本的には1ヶ月に数回以内のケースが多いです。
なので基本的には自然に完治することが多いですが、中には月に何回も同様の痛みが発生することがあります。
そういった場合には自然治癒しにくい傾向があるため、病院を受診して処方薬を使用するのが良いとされています。
こういった痛みは仕事やストレスが増加することで発生し、現代社会において発症率が比較的高くなっています。
ですので対処法としては、仕事が終了したらすぐに自宅で休養を取ることが一番の対策となります。

スポンサーリンク

 頭痛の症状として頭を振ると痛いと感じてしまう2つめの原因として、脳腫瘍やクモ膜下出血などの病気の場合があります。
こういったことが原因の場合には生命の危険性があるため、早急に病院で治療を受ける必要があります。
症例として強烈に頭部が痛みなることや手足がしびれることがあり、日常生活が困難になることが多いです。
こういった症状は頭部を強くぶつけることで発生率が高くなり、交通事故の被害を受けた場合に発生することが多くなっています。
そのため後遺症として病院などで診断されることもあり、治療の際には手術が必要になることがあります。
また痛みについては怪我や事故が発生してすぐに起こらないケースもあるので、自覚症状が出ないケースもあります。
症状の特徴として最初は軽く頭を振ると痛いと感じることが多いので、これらの病気の警告を表しているサインともいえます。
放置しておくと新たな後遺症が発生することにつながるので、クリニックではなく外科治療を行っている病院を受診していきます。

スポンサーリンク