頭痛 原因 おでこ

おでこが痛くなる頭痛の原因について

スポンサーリンク

急におでこあたりが痛み出すことがあなたにはありますか。
症状は色々あります。
これらは大体体調の管理からも影響があるのでしょうか。
おでこが痛む時、片頭痛と副鼻腔炎から来る二つの頭痛が考えられます。
脈打つような痛みなら片頭痛、鼻ずまりや発熱、鼻汁がある場合は副鼻腔炎から来る痛みだと考えられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。
片頭痛→女性に多くこめかみが脈打つようにずきんずきんするのが特徴。
脳の血管が拡張して血流が増加して、神経を刺激して起こります。
寝込んだり、吐き気やおう吐を伴うなど、生活に支障をきたす人も多いです。
実は原因はわかっていません。
有力視されているのはなんらかのきっかけで頭の血管の周りにある[三叉神経]が刺激され、脳血管を拡張する痛み物質が出ることによって痛みがひきおこされるという説です。
きっかけはストレス、人ごみ、睡眠不足寝過ぎなどが代表的です。
女性ホルモンの影響や遺伝的傾向があります。

スポンサーリンク

副鼻腔炎から来る痛みはおでこから痛むケースが多いようです。
副鼻腔というものは、鼻の穴の周囲にある計4討の空洞のこと。
そこになんらかの原因で細菌などがはいると、炎症を起こし、鼻汁や鼻ずまりなどの不快な症状をくり返すことがあります。
それが副鼻腔炎という病気です。
軽度なら症状が自然に治ることがあります。
しかし、こじらせると副鼻腔の炎症による蓄膿、気圧の変化によって顔面痛、頭痛がしょうじます。
炎症を起こしている部位により、目の奥、眉間、こめかみ、頬部(上奥歯付近)、また頭のてっぺんや後頭部に痛みを感じる人もいます。
原因としてはウイルスによる感染症(風邪)や、花粉やハウスダストなど、アレルゲンによるアレルギー性鼻炎の症状が長引くことにより発症することが多くを占めています。
これらの症状により、鼻の防御機能が低下することで原因菌が副鼻腔内に侵入し炎症を起こすからです副鼻腔炎に至る原因は、他の病気、体質など様々で、複数重なって生じる場合もあります。

スポンサーリンク