偏頭痛 朝起きれない 原因 対処方法

朝起きれない原因のひとつである偏頭痛の対処方法

スポンサーリンク

朝起きれない原因のひとつとして、偏頭痛が挙げられます。
寝ている間に血管が拡張することが原因で、起きた時に偏頭痛を発症しズキズキと頭が痛くて朝起きれない状態となる場合があります。
偏頭痛に限らずほとんどの頭痛の原因は、血管の拡張が原因となります。
偏頭痛以外の慢性頭痛である緊張型頭痛や群発頭痛、肩こりや眼精疲労、寝不足、生理、二日酔いなどによっても頭痛が起こることがあり、朝起きれない状態になることがあります。
 ここでは、朝起きれない原因となる慢性頭痛の症状の違いについてご紹介します。
まず、偏頭痛は男性よりも女性の有症率が圧倒的に高く、頭の片側もしくは両側がズキズキと脈打つように痛みます。
朝起きれない時には、そのまま安静に布団の中で横になり、痛む箇所を冷やすという対処方法が有効です。
体を動かすと痛みが増すという特徴がありますので、ズキズキと痛くて朝起きれない時には無理をしないという対処方法が正解です。
 スポンサーリンク

 緊張型頭痛は、頭の両側にぎゅうぎゅうと締め付けられるような痛みを伴う頭痛です。
圧迫感、重苦しい鈍痛、頭重感がありますが、偏頭痛とは異なり動いても症状が悪化することはありません。
比較的軽い痛みとなりますので、鈍痛は感じるものの緊張型頭痛で朝起きれないということはほとんどありません。
緊張型頭痛の対処方法については、筋肉のコリがおもな原因となりますので、マッサージや入浴、体操などで血行を良くし、筋肉のコリを解消するという対処方法が有効です。
偏頭痛のように冷やしてはいけません。
 群発頭痛については、痛みは厳密に頭の片側に限定され、片目の奥がえぐられるような激痛が症状となります。
年単位の周期である一定の期間で、毎日同時刻に発作が起こるという特徴があります。

痛みの持続時間は15分〜180分程度となっています。
群発頭痛の発作で朝起きれないという方も少なくありません。
 群発頭痛の対処方法については、痛む時期には医療機関を受診して適切な治療を受けるという対処方法がベストです。
アルコールは群発頭痛の原因となり、群発期に飲酒すると確実に頭痛を発症します。
ゆえに、群発期には禁酒するというのが対処方法のひとつとなります。

スポンサーリンク