片頭痛 予防薬 セレニカ 効能効果

片頭痛予防薬のセレニカの効能効果とは

スポンサーリンク

片頭痛が治らなくて辛い毎日を過ごす人たちも多い昨今、薬を飲んで痛みと止めたいけれど沢山の薬があり悩みところでしょう。
片頭痛の予防薬としてセレニカという薬があり、抗てんかん薬として有名な薬で脳の興奮を抑制してんかんの発作を予防するもので、片頭痛にも効能効果があります。
片頭痛の原因としては頭の血管が広がることによって痛みを伴いますが、予防薬のセレニカは脳神経を抑制する効能効果があり、脳の血管の収縮や血管の広がりを抑制してくれるため、痛みを予防してくれます。
予防薬としてセレニカを使う対象としては、片頭痛が頻繁に起こって日常生活にも支障をきたすか方に多く用いられています。
効能効果を期待するためには定期服用し痛みの出る回数を軽減し、あくまでも予防薬としてのセレニカなので片頭痛が酷くなる前に服用することが大切です。
セレニカは湿度に強くて作用時間も長いため1日1回の服用でも効能効果が期待できる予防薬となっています。

スポンサーリンク

セレニカは片頭痛の予防薬としてやてんかんの薬として使用されますが、そのほかの効能効果としては気分安定薬としても使用されたおり、大きく分ければ3つのあります。
躁状態になった気分を沈めたり、落ち込んだ気分を持ち上げてくれ、気分の浮き沈みを調整してくれる効果効能があります。
セレニカは双極性障害などの予防薬としても効能効果を発揮し、気分を落ち着けるためにも使用される薬で、再発防止の効能効果も高いのが特長です。
セレニカは歴史の古い薬ということもあり、かなり安価となっているため経済的な負担が少なくてすみます。
セレニカは作用時間が長いのが特徴で1日1回の服用で効果が持続しますが、さらに副作用を軽減するために1日2回服用することがあり、毎日服用することによりおよそ1週間で血中濃度が安定していきます。
このために、少なくとも1週間程度は様子を見て服用することが大切です。
てんかんや躁症状には400〜1200mg、片頭痛には400〜800mgが用量となっています。

スポンサーリンク