偏頭痛 頻繁 病気

頻繁に起こる偏頭痛という病気を理解する事してもらう事の重要性

スポンサーリンク

最近よく耳にするようになった偏頭痛ですが、一般的に言われる頭痛と何が違うのか知っている人は自分が偏頭痛と診断された事のある人ではないでしょうか。
偏頭痛の特徴は片側もしくは両方のこめかみ部分から目の奥にかけて、脈の打つような激しい痛みを感じます。
頭痛が起こる前に目の前にチカチカした光のようなものが見えて、頭痛、吐き気を引き起こしひどい時には嘔吐をする場合もあります。
偏頭痛の時間は人によって異なりますが、4時間から3日くらい続く場合もあります。
日常生活で頻繁に起こる病気の中でも日常生活に支障をきたすほどの病気です。
頻繁すると直接命に関わる病気ではないものの苦痛でしかないでしょう。
前兆を感じたらすぐにひどい頭痛が襲うので動くのをやめて横になるのが一番ですが、仕事をしている人はそうゆう訳にはいかないので、頻繁に起こる人は頭痛薬を必ず持ち歩くことや会社の周りの人に自分の偏頭痛という病気を理解しておいてもらう事が大事でしょう。

スポンサーリンク

頻繁に偏頭痛が起こる前に前兆が起こる人は全体の20パーセントから30パーセントとと言われています。
その前兆がある人のほとんどは閃輝暗点です。
せんきあんてんと読みますが言葉で表すと視野の中に急にチカチカとした小さな点があらわれて、それが次第に大きくなります。
ひどい時は半分くらい視野がまったく見えなくなり、模様はギザギザや万華鏡のような模様になります。
その前兆は長くても30分くらいで見えなくなると激しい頭痛が始まります。
通常は月に1回程度ですが、それよりも頻繁に起こるようであれば生活するのもこわくなるので早めに病気を受診するようにしましょう。
頻繁に起こる事を止める事はできないかもしれませんが、良いアドバイスや偏頭痛の薬も処方してもらえるので受診する事をお勧めします。
頻繁に起こる人も頭痛がおさまると嘘のように痛みがなくなるのが偏頭痛です。
しかしりっぱな病気なのできちんと自分の病気と向き合い治療していくことが大切です。

スポンサーリンク