後頭部神経痛 ロキソニン 効能効果

後頭部神経痛とロキソニンの効能効果について

スポンサーリンク

誰でも人生に一度は経験している頭痛だと思いますが、頭痛の中にも様々な種類があります。
有名な偏頭痛や緊張性頭痛、後頭部神経痛という種類があります。
偏頭痛は片側だけ痛くなり、場合によっては吐き気を伴ったり動くことも出来ず寝込んでしまうこともあります。
緊張性頭痛は何かで頭の回りを締め付けられる痛みが起こり、「強い肩凝り」「めまい・ふらつき」などの症状がでたりもします。
普段あまり聞くことがないのは「後頭部神経痛」だと思われますが、後頭部神経痛は痛みの軽いものから強いものまであり、痛みが強いと起きていることが出来ないという事もあります。
後頭部神経痛の症状ですが首から後頭部に痛みを感じたり、目の奥や耳の後ろなども痛むことがあります。
数日から数週間は続き、チクチクやキリキリなどの痛みを感じたりします。
後頭部神経痛を引き起こす原因としては、血管の圧迫や怪我による外傷などです。
肩こりも神経が圧迫されることにより痛むことがあります。

スポンサーリンク

後頭部神経痛の痛みなどを抑えるために様々な効能効果を持つロキソニンなどの薬を使用します。
効能効果を持つ薬は沢山ありますが、ロキソニンは7つの効能効果を持ち、肩こりや生理痛や頭痛などに効果があります。
ロキソニンの他にも効能効果を持つ薬は様々で、市販の頭痛薬は基本的にロキソニンと似たような効能効果を持っています。
ロキソニンは市販薬だけでなく医療でも使われているので、後頭部神経痛で悩んでいて多くの効能効果があるロキソニンを初めて利用する方も不安なく利用することができます。
多くの効能効果をもつロキソニンなので痛みを和らげるだけでなく風邪などにも効きます。
後頭部神経痛の症状を和らげる対処はツボを押したり、生活習慣を見直したり、ストレスを溜めないなど日常的に出来ることが対処法になります。
後頭部神経痛も市販薬が効かないほど痛みが強いなど症状が改善されないなど悪化する場合は近くの病院を受診するのが適切です。

スポンサーリンク