偏頭痛 持続 時間

偏頭痛の原因と持続時間について

スポンサーリンク

ストレス社会の現代において、辛い偏頭痛に悩まされている方も多いと思います。
原因や症状、持続する時間などの特徴など、偏頭痛とうまく付き合っていく方法を紹介します。
偏頭痛の起こる原因ですが、頭部に通っている血管が膨張するために起きる事が挙げられます。
頭部の血管に流れる血液量が増大すると、血管が膨張を起こします。
血管の膨張により周囲の神経が圧迫され、次々と刺激を与えてしまうのです。
そしてこの刺激により、痛みの原因となる炎症物質が分泌され、血管の周囲にも炎症が発生します。
この炎症による痛みが偏頭痛の原因です。
何故、血管が膨張してしまうのかと言うと、セロトニンの過剰な分泌があります。
ストレスにより脳が刺激を受けると、血管を収縮させる働きを持つセロトニンが放出されます。
一旦収縮した血管は、時間の経過によるセロトニンの減少と共に広がっていきます。
この時血管は収縮していた反動で急激に広がります。
その後の経過は先述の通りです。
偏頭痛が起きるとストレスを感じると思います。
ストレスを感じることにより、更にセロトニンが分泌され血管が収縮し、その後膨張するという悪循環に陥りがちです。
この悪循環になると頭痛の持続する時間が長引く可能性が高いので、普段から過度なストレスは避ける事が重要です。

スポンサーリンク

偏頭痛が起きて痛みが持続する前段階として、前兆を感じる方もいます。
代表的なものとして、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる視覚的に生じる前兆が挙げられます。
視界にチカチカとした光なような物が10分〜30分ほど出現して持続することがあります。
また、感覚異常や言語障害などの前兆を感じる方もいるようです。
前兆が起きた後に頭痛が生じます。
これは頭痛期と呼ばれ、鈍い痛みから時間の経過と共に、徐々に脈打つような激しい痛みへと移行していきます。
痛みの他、吐き気やめまいと言った症状、持続中は音や光を不快に感じるという事もあります。
この時は動くことが出来ず、痛みが過ぎるまで横になる事しか出来ないほど症状が重い方もいるかもしれません。
やがて頭痛期を過ぎると痛みは消失していき、偏頭痛が終わります。
持続時間は個人差があり、4時間から72時間とされています。
先述の通り、ストレスによるセロトニンの分泌が一つの原因であり、痛みが持続中にストレスを感じると余計に長引く可能性があります。
普段から過度なストレスにならないように生活する事と、もし症状が現れたらそれ以上ストレスを感じないよう、安静にする事が持続時間を短くする方法です。

スポンサーリンク