偏頭痛 市販薬 おすすめ

偏頭痛に市販薬がおすすめできない理由

スポンサーリンク

結論からいうと、市販薬は偏頭痛の原因を根本的に治療することができないということが、市販薬をおすすめすることができない理由となります。
偏頭痛の原因を改善させることができる薬は、医師の処方せんが必要なトリプタン系製剤のみとなるからです。
市販薬は見かけの痛みを取り去ることしかできませんので、おすすめできないというわけです。
 偏頭痛の発作の際には、脳の血管周辺に張り巡らされた三叉神経という神経から、炎症タンパク質が放出されます。
炎症タンパク質によって、脳の血管は炎症を引き起こして膨れ上がった状態となっています。
 市販薬には、三叉神経から放出される炎症タンパク質をブロックする作用はありませんし、膨れ上がった脳の血管をもとの太さに戻す作用も持ち合わせていません。
それらの作用を有しているのは、トリプタン系製剤のみとなります。
市販薬は、根本的に偏頭痛の原因を改善させることができないので、冒頭で述べたようにおすすめできないというわけです。

スポンサーリンク

 偏頭痛が起こった時に、市販薬には根本原因を改善させる効果を期待することができないという事実を知らない人が多く、市販の頭痛薬を服用することも少なくありません。
頭痛があるからといって、市販薬を連日のように服用すると、かえって頭痛をこじらせてしまい薬物乱用頭痛を引き起こす危険性があります。
 薬物乱用頭痛のリスクを回避するためにも、頻回の市販薬の服用はおすすめできません。
偏頭痛の回数や頻度がひどくなってきて、市販の頭痛薬を服用しても効かなくなった場合には、頭痛専門外来を受診されることをおすすめします。
市販の頭痛薬の用法・用量の規定範囲を超えて服用することは副作用のリスクを伴いますので、病院で適切な薬物療法を受けられることをおすすめします。
 偏頭痛の発作のたびに、脳内では血管周辺で炎症が起きています。
市販薬を服用しても脳の炎症は置き去りにされたままの状態ですので、その状態が続けば続くほど、確実に偏頭痛の回数や程度はひどくなっていきます。
根本的に治療するためには、トリプタン系製剤を病院で処方してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク