偏頭痛 冷やす 場所

偏頭痛の痛みを軽減するために冷やす場所は

スポンサーリンク

偏頭痛は定期的に痛みを感じるという人も多い症状です。
偏頭痛が起こる原因だと言われているのは緊張状態がとけた時などにリラックスすることで血管が拡張し、その血管が神経に影響を与えてしまうためだと言われています。
そのため、偏頭痛の痛みを軽減するためには頭部やその周辺を冷やすことで血管を収縮させ、血管が神経に与える影響を取り除くようにすると良いと言われています。
冷やす方が良いのは片頭痛の場合のみで、パソコンをずっとしているなど筋肉の収縮によって血管が圧迫されて血流が悪くなったことが原因で起こる頭痛の場合には逆に温めた方が血管が拡張して血流が良くなるので痛みが軽減しますので、自分の頭痛が偏頭痛なのかどうかをきちんと確認してから冷やすようにしましょう。
偏頭痛の特徴はズキンズキンと脈を打っているような痛みがあります。
痛みが出る場所も頭の右半分や左半分といった限定された場所に出ることも多いのですが、頭全体が痛むケースもあります。

スポンサーリンク

偏頭痛を軽減するために冷やす場所としておすすめなのは痛みがある場所です。
直接痛みの原因となっている場所を冷やすのは効果が高いのですが、これは頭の片側に痛みを感じるというような限定された場所に痛みを感じる場合です。
頭全体が痛いというような場合には、こめかみや首筋など、頭部に繋がる太い血管が通っている場所を冷やすことで血管やその中を流れる血液を冷やすことができますので偏頭痛の改善に効果が期待できます。
自宅にいる場合には保冷剤などで痛みを感じる場所を冷やしながら薄暗い場所で横になって安静にしていると症状が改善してきますが、外出中などの場合には横になることができません。
剃んな時には座って落ち着きながら患部をコンビニなどで売っている冷却剤やペットボトル入りの冷たい飲料などで冷やすようにするのも対処法となります。
また、痛みを取り除くために冷やしすぎてしまうと逆に痛みを感じてしまうことがありますので、冷やしすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク