肩こり 枕なし 効果

肩こりに枕なしは効果があるのか

スポンサーリンク

肩こりに枕なしが効果ありと分かれば、悩みが一つ解消するという方は多いのではないでしょうか。
肩こりがひどいと頭が痛くなったり、吐き気がする人もあり、ストレスの原因になります。
枕なしや、枕の高さ、素材などの効果で寝ている間に肩こりが和らいでくれたら楽です。
寝ている時の姿勢によって、圧力がかかるからだの場所が変わり、これらのことが肩こりの原因ともなります。
仰向けに寝た姿勢であれば、肩や腰に圧力が集中するので、肩こりのある人は上を向いたままよりも、枕なしで寝返りを打ちながら寝る方が効果がありそうです。
枕なしで肩こりに効果が期待できる根拠として、首の位置があります。
高い枕をしてしまうと人間のからだの構造として首の位置が、不自然となるため負担がかかる状態になりますが、枕なしは自然体と言え肩こりへの効果が期待できます。
寝ている間というのは、実に長い時間ですので、肩こりに効果がある可能性はありますので、枕なしを試してみてはいかがでしょうか。
枕なしで効果がみられなければ、硬い枕を使って肩こりの改善がみられるかどうかを試してみてください。
寝返りは打ちやすい方が理想ですが、イメージと違い硬めの枕の方が、寝返りを打ちやすいと言われています。

スポンサーリンク

寝ている時間は1日単位で考えても、およそ1/3を占めているので、その間の対策が大切であることは言うまでもありません。
良い睡眠をとるためにも枕は重要ですが、合わない枕を使うことは、想像してみてもよくなさそうだということが分かると思いますが、枕なしでからだを自然な姿勢にして寝てみることで、痛みの解消の効果が期待できます。
枕を使用した姿勢は枕なしの状態に比べて、明らかに首や肩に負担がかかります。
ちょうど、パソコンをいじっている時の前かがみの姿勢をとったような状態になります。
肩の痛みを凝っているためと思いこむと、心臓の病気であることもあるので思い込むことが危険な場合もあります。
肩が痛いといっても、一要因でないケースもあり、また体型や骨の構造など個人差が大きいので一概には言えませんが、手軽に試す方法として、枕を工夫することから始めてみるのは良いと思われます。
日常生活に支障をきたすようであれば、整形外科でこれらを専門として枕との関係やその効果について良く知っている医師に相談してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク