群発頭痛 冷やす 効果

群発頭痛の痛みを和らげるには冷やすのが効果的

スポンサーリンク

群発頭痛は数週間から数ヶ月の間、毎日何回も起きる頭痛です。
頭痛が治まると、数ヶ月から数年の間は頭痛が起きずにいますが、忘れた頃にまた襲って来る病気です。
群発頭痛は多くの場合、市販薬では効果がないと言われています。
群発頭痛に効果的なのは専門の頭痛外来やクリニックなどで治療を受ける事ですが、とっさの痛みに対処するために薬以外の対処法を身につける必要もあります。
群発頭痛は「自殺頭痛」などと表現された事もある激しい痛みの頭痛です。
目の奥の方を「えぐられる様な痛みと」表現され、仕事中や睡眠中でも発症する頭痛です。
多くの患者は市販薬では効果がない事を実感しており、自分なりの対処法を見つけて痛みと向き合っています。
その対処法に一つに「冷やすこと」があります。
頭痛の症状を和らげるには、患部を冷やす事で効果がある場合と、温める事で効果がある場合に分けられますが、群発頭痛の場合には冷やすことで症状を和らげる効果があると言われています。

スポンサーリンク

群発頭痛の原因は急激な血管の拡張と考えられており、入浴後や運動の最中、運動後に痛みが発症する事からも解ります。
頭部周辺や目の周辺には神経が密集しており、そこで拡張した血管が神経に触れ痛みを生じると考えられます。
したがって、群発頭痛の痛みの改善方法は、血管を収縮させるために患部を冷やすことが効果的となります。
病院で治療を受けられない時に「冷やす」事を覚えておく事で、とっさの痛みに対処できます。
痛みを和らげるために「冷やす」「温める」の選択に迫られる事がありますが、患部に炎症がある場合には全ての疾患において冷やすことが求められます。
そして、群発期の頭痛を出来るだけ引き起こさないための予防も大切になります。
群発期にはアルコールや昼寝が頭痛を誘引する事が解っています。
アルコールは血管を拡張する作用があるので、群発期に飲酒する事は絶対に避けるべきです。
また、昼寝をしたことにより生活リズムを乱す事もあり、それが原因となり頭痛を誘引してしまうこともあるので注意が必要です。

スポンサーリンク