頭痛 後頭部 チクチク

後頭部がチクチクとする頭痛の種類について

スポンサーリンク

頭痛は通常は頭の前頭部に痛みが発生することが多くなっていますが、それだけでなく後頭部に同様の症状が発生することもあります。
その中でもチクチクするような痛みを感じるケースについては、後頭神経痛という病気が原因になっていることがあります。
この病気の特徴として、頭部の前頭部ではなく後頭部を中心に痛みが発生することが多くなっています。
原因として仕事などの疲れで発症することが多く、体のコリといった部分が関係していることが多いです。
そのためストレスと深い関係にある症状でもあり、緊張型頭痛と呼ばれることもある病気でもあります。
また首の運動や急なくしゃみによっても発生することがあり、頭部に無理な力が発生した時にかかることが多くなっています。
山の頂上や飛行機に乗っている時などのような低気圧状態でも、同様の症状が発生することが時々あります。
このように比較的発生率が高い病気となっているため、日常生活をするに至って注意をすることが予防策となっています。

スポンサーリンク

 後頭部にチクチクするような症状が発生する病気を後頭神経痛と呼ばれており、特徴としてストレスや疲労が貯まると発生しやすくなります。
痛みについては耳の後ろから電流を流されるような感じとなっており、それがチクチクやビリビリといった感じに伝わっていきます。
痛みが続く期間にについては個人差がありますが、基本的に1週間から1ヶ月程度で治まることが多いです。
また症状が悪化すると頭部だけではなく、毛根や髪の毛自体にも痛みを感じることがあります。
そのため痛みを感じる場所や症状については個人差があり、ひ1人1人ごとに症例が異なっていることが多いです。
一般的には疲労や肩こりなどを改善させることが治療法となりますが、症状が悪化している時には注意が必要です。
この場合には病院での治療が主流となっており、医師から処方された薬を服用していきます。
こうすることでも治療が出来るため、状況に合わせて使い分けていくのが賢い選択方法となっています。

スポンサーリンク