頭痛薬 大量摂取 副作用

市販の頭痛薬を大量摂取することによる副作用について

スポンサーリンク

頭痛があるからといって、急性期治療薬となる市販の頭痛薬を連日のように服用していると、頭痛の症状を悪化させてしまうリスクが高くなります。
この頭痛を薬物乱用頭痛といいます。
片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性頭痛持ちの方は、薬物乱用頭痛を併発しないためにも、頻回の薬の大量摂取には注意が必要です。
 慢性頭痛持ちの方が、市販の頭痛薬を頻回に使用すると、頭痛が悪化して慢性連日性化するようになります。
薬物乱用頭痛は、いうなれば市販の頭痛薬を大量摂取したことによる副作用ともいえる頭痛となります。
頭痛薬を大量摂取したとしても、薬を飲まない期間が長い場合には、実は薬物乱用頭痛の副作用を引き起こすことはありません。
1週間に2日〜3日以上、長期間にわたって頭痛薬を服用するという飲み方をした場合に、薬物乱用頭痛が引き起こされる可能性が高くなります。
 偏頭痛の特効薬であるトリプタン系製剤は、医師の処方せんが必要な頭痛薬となります。
トリプタン系製剤を大量摂取した場合には、偏頭痛の頻度がかえって増加してしまうという副作用が生じます。
ゆえに、医師に指示された用量・用法を守ることが重要となります。
 スポンサーリンク

 慢性頭痛が起こった時には、一般的に市販の頭痛薬を服用する人が多いのですが、市販の頭痛薬は表面的な痛みを取り去るだけで、脳内で引き起こされてる神経細胞の興奮状態を抑える作用はありません。
しかし、その事実を把握している人は少ないというのが実際のところです。
 水面下で起こってる脳内の興奮状態を放置したままでいると、慢性頭痛の頻度や程度は徐々にひどくなっていきます。
その結果、市販の頭痛薬を大量摂取するようになり、さまざまな副作用を生じる可能性が高くなります。
大量摂取した場合に考えられる副作用については、発疹や発赤、かゆみ、吐き気や嘔吐、食欲不振、胸やけ、胃もたれ、下痢、腹痛、めまいなどの副作用が挙げられます。

 副作用が出なくても、市販薬を5回〜6回服用しても頭痛の症状が良くならない場合には、市販薬の服用を中止し市販薬の説明文書を持参して、頭痛専門外来を受診されることをおすすめします。
効かないからといって薬の用法・用量を超えて大量摂取することのないようにしましょう。

スポンサーリンク