偏頭痛持ち 特徴 対処方法

偏頭痛持ちの人の特徴と、発作の対処方法

スポンサーリンク

偏頭痛持ちの人は、通常の人よりも敏感な脳の持ち主であるという特徴があります。
ゆえに、うるさい音やニオイ、まぶしさに対して脳が敏感に反応してしまい、脳が興奮状態となり痛みとして危険信号を発するようになるというわけです。
偏頭痛持ちの人は、気圧や気温の変化に敏感であるということも特徴となります。
低気圧が近づいてきた時に偏頭痛の発作が起こりますので、偏頭痛は別名「天気病み」との呼ばれています。
 前述しましたように、偏頭痛持ちの人は、気圧の変化や気温の変化を敏感に読み取るという特徴がありますので、気圧の変動による頭痛で動くことができず、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
偏頭痛持ちの人は、ひどい発作が起こる前に「閃輝暗点」という症状が起きる場合が多いという特徴があります。
閃輝暗点とは、視野にギザギザとした稲妻のような閃輝が現われ、それが徐々に拡大していき、その後視覚消失が現われ、やがて頭痛が始まる症状のことです。

スポンサーリンク

 偏頭痛持ちの人の特徴である過敏で興奮性の高い脳は、すなわち脳の働きが良すぎるということであり、脳の働きが良すぎた結果として頭が痛くなるということができます。
偏頭痛持ちの人は、何かの分野の才能にずば抜けた人が多いという特徴があります。
実際、日本の小説家の中には偏頭痛持ちの人が多く、有名な小説の中にも閃輝暗点の記述があります。
 偏頭痛持ちの人の有効な対処方法については、やはり頭痛専門外来の受診となります。
頭痛専門外来では、偏頭痛の特効薬であるトリプタン系製剤を処方してもらうことができます。
偏頭痛は、日常的な動作によって頭痛が悪化するという特徴がありますので、急性期の対処方法としては、暗い静かな部屋で痛む箇所を冷やしながら、横になって休むということが対処方法となります。
 また、偏頭痛の誘発因子をできる限り取り除くというのも、予防のための有効な対処方法となります。
精神的因子であるストレスや緊張、疲れ、睡眠不足に気をつけるという対処方法や、環境因子となる天候の変化、温度差、頻回の旅行に気をつけるという対処方法、食事性因子となる赤ワインやチーズ、チョコレートなどに共通する、誘発物質のアミン類を含む食品を極力避けるという対処方法などが挙げられます。

スポンサーリンク