偏頭痛持ち 性格 原因

偏頭痛の原因と偏頭痛持ちの性格

スポンサーリンク

偏頭痛は、脳の働きが良すぎるために、神経の興奮状態が度を越してしまうことが原因で発症します。
片頭痛は、女性の有病率が高い頭痛であり、偏頭痛持ちの女性は、優れた才能と豊かな感受性といった性格を持ち合わせているという特徴があります。
ひと言で偏頭痛持ちの女性の性格をいうとすれば、ごまかしが効かない性格と表現することができます。
 片頭痛は脳の過敏性が高い疾患となりますので、光や音、強いニオイに対して過剰に反応する傾向があります。
偏頭痛持ちの女性は、気圧の変化や気温の変化を敏感に読み取る力に優れていますので、雨の降る天気予報の的中率が必然的に高くなります。
低気圧が近づいて来たら、偏頭痛持ちの女性は頭が痛くなりますので、昔の人は偏頭痛のことを「天気病み」と呼んでいました。
偏頭痛持ちの女性は、敏感な脳の持ち主であり、聡明で几帳面な性格の女性が多い傾向があります。
何かの分野でずば抜けた才能を示す人も多く、芸術家や作家、音楽家などに偏頭痛持ちの人が多数存在しています。
 スポンサーリンク

 偏頭痛には誘発因子が存在していますので、頭痛を引き起こす原因となる誘発因子をできるだけ除去するということが、偏頭痛とうまく付き合う方法となります。
精神的因子としては、ストレスや精神的緊張、疲れや睡眠不足などが原因として挙げられ、内因性因子としては月経周期が原因となります。
また、環境因子としては、天候や温度の変化、頻回の旅行などが原因として挙げられ、そのほかにはアルコールを始めとした食事性因子も原因となります。
 ちなみに、偏頭痛の誘発因子は、アルコールを除いては緊張型頭痛の誘発因子でもあります。
偏頭痛持ちの人は、ある研究チームの調査によると、偏頭痛のない人に比べると脂肪や油分の多い食事、コーヒーやお茶の消費率が高くなっていますので、それらの食べ物が慢性頭痛の原因となっています。
 前述しましたように、偏頭痛持ちの人の性格は、真面目で几帳面なごまかしが効かない性格の人が多い傾向にあります。
そして、几帳面な性格の人ほど日常生活の中でストレスを感じやすく、ストレスは偏頭痛の誘発因子のひとつとなっていますので、うまくストレスを発散させるということが片頭痛持ちの方は重要となります。

スポンサーリンク