筋収縮性頭痛 薬 種類

筋収縮性頭痛の痛みの種類や薬の種類などについて

スポンサーリンク

頭痛にはいくつか種類がありますが、その中で非常に多くの日本人が悩まされている頭痛が筋収縮性頭痛です。
その中でも筋肉の収縮を伴う種類のものと伴わない種類のものがあるので、最近では緊張性頭痛と呼ばれるようになっています。
精神的なストレスや長時間の悪い姿勢によって起こります。
また、筋収縮性頭痛になることを恐れて薬を必要以上に使うことで、症状が悪化して薬物乱用頭痛という種類の頭痛が起こる場合もあります。
筋収縮性頭痛は45〜65歳程度の男女に多いですが、それ以外でも携帯電話やパソコン、睡眠不足やダイエットなど人間の生活と深く関係しています。
筋収縮型頭痛には、2つの種類の痛みの起こり方があります。
1つめは、1ヶ月の中で頭痛を感じる日が15日以上あるという慢性的な頭痛の起こり方です。
脳が痛みに敏感になりすぎているというように、ストレスや心因的なものが原因だと考えられています。
2つ目の時々頭痛が起こる日があるという痛みの起こり方は、首や肩の凝りや緊張が原因だと考えられています。

スポンサーリンク

筋収縮性頭痛で使用される薬にはいくつか種類があります。
鎮痛薬では、筋収縮性頭痛に対して比較的即効性のあるものや、鎮痛作用が弱いけれども安定性が高いものがあります。
製品によって、胃腸障害が起こりやすいかどうかといった副作用にも違いがあります。
また、筋収縮性頭痛では首こりや肩こりといった筋肉の緊張が起こって血流が悪くなるので、血流を改善して筋肉を柔かくするために筋弛緩薬が処方されることがあります。
血流が良くなることで、血の巡りが良くなります。
他には、抗不安薬を使って緊張した筋肉のこりを緩和することができます。
服用によってぼんやりしてふらつきや眠気などの心配がありますが、心身をリラックスさせたり強い不安を和らげたりする効果があります。
また、市販の鎮痛薬を使う場合には色々な種類のものが売られているので、購入前に薬剤師に相談した方が良いです。
しかし、市販薬を長期間使用し続けることは危険なので、筋収縮性頭痛の症状が改善されない場合には病院を受診することが大切です。

スポンサーリンク