頭痛い 表面 原因 対処方法

頭痛い原因が片頭痛の場合の対処方法と、表面的な痛みをとる市販薬

スポンサーリンク

市販薬は、偏頭痛の表面的な痛みを取り去ることはできるのですが、根本的な原因を解消させることはできません。
頭痛い原因が片頭痛である場合には、市販薬ではなく片頭痛特効薬であるトリプタン系製剤を服用するということが、ベストな対処方法となります。
市販薬を頭痛いたびに飲んでいると、必然的に規定範囲を超えるようになってしまい、耐性ができてだんだんと表面的な痛みでさえ抑えることができなくなります。
 頭痛いたびに飲んでいると、そのうち毎日頭痛薬を飲むような事態に陥ってしまう危険性があります。
前述しましたように、偏頭痛には市販薬を服用するという対処方法は間違いです。
しかし、実際には偏頭痛持ちの人で、頭痛いたびに市販の頭痛薬を使う人が多いというのが現状です。
市販薬は、見せかけの表面的な痛みのみを取り払い、脳の神経細胞の興奮状態を抑えることはできないという事実を把握していないからです。
表面的な痛みのみを取り払い、脳の血管周辺の炎症は置き去りにされたままとなっています。

スポンサーリンク

 そもそも片頭痛が原因で頭痛い場合には、脳の血管周辺に張り巡らされた三叉神経から、炎症タンパク質が放出されることで頭痛い状態が引き起こされます。
その際には、脳の血管やその周辺も炎症で腫れあがった状態となっています。
ゆえに、偏頭痛の対処方法は、頭痛い原因となっている頭の表面ではなく内部の三叉神経からの炎症タンパク質の放出をブロックするということと、腫れ上がった脳の血管をもとの太さに戻すという対処方法が有効となります。
 脳の表面ではなく水面下で起こっている興奮状態を、間違った対処方法で放置したままでいると、脳の血管がダメージを受けて片頭痛の程度や回数が徐々にひどくなっていきます。
市販薬が表面的な痛みに対してさえ効かなくなってきたり、服用回数や量が増えてきた場合には、頭痛専門外来を受診して根本的な原因を解消するようにしましょう。
 頭痛専門外来で処方されるトリプタン系製剤には、片頭痛の根本原因を断ち切る作用がありますので、ベストな対処方法となります。
片頭痛のたびに、脳は異常な興奮を繰り返しています。
間違った対処方法で興奮状態が放置されていると、しつこいめまいや耳なりなどの症状が現われる可能性がありますので、根本的な原因を改善させる必要があります。

スポンサーリンク