緊張型頭痛 カフェイン

緊張型頭痛とカフェインの関係についての説明

スポンサーリンク

頭痛という病気の特徴として発熱が発生したり頭が痛くなるなどがあり、悪化すると気分が悪くなったりだるさを感じることがあります。
そんな頭痛にもいくつかの種類があり、その中で緊張型頭痛と呼ばれている病気があります。
主な症状として頭の周りを締めつけられているような痛みを感じるようになり、これが数日から1週間ほど継続することがあります。
一般的にヘルメットをかぶったような痛みであると言われており、子供から高齢者まで誰でも発症する病気となっています。
治療の際に投薬療法を行う場合において、カフェインという成分が使用されることがあります。
通常はカフェインというと眠れなくなる成分として認識されていますが、実は頭痛ととても密接な関係があるものでもあります。
この成分を補給することで脳が活性化させるため、それによって頭痛という症状を緩和させることが出来ます。
そのため薬を使用して緊張型頭痛の治療を行う場合においては、カフェインという成分が使用されることがあります。

スポンサーリンク

 緊張型頭痛という病気の症状として同じような痛みが1週間ほど継続することが多いですが、痛みについては軽い物が多くなっています。
原因として長時間のパソコン操作や車の運転などによって、首から肩の筋肉が硬直するためと言われています。
治療法としては休息を良く取ることが大切であり、体から疲労を取り除くことが有効とされています。
しかし薬を使用して治療を行うケースも珍しくなく、コーヒーに多く配合されているカフェインが使用されることが多いです。
人はこの成分が失われていくと、精神的に不安定になったり感覚過敏といったものを発症することがあります。
また身体的な影響については、緊張型頭痛を始め吐き気や心拍数の増加などを発症することもあります。
ですので治療にカフェインという成分を補給することによって、これらの症状を発生させないようにして完治させていきます。
しかし逆にこの成分を補給過ぎても中毒症などが起こるため、服用に至っては医師の指示通りにする必要があります。

スポンサーリンク