頭部神経痛 薬 種類

頭部神経痛に効く薬の種類

スポンサーリンク

頭痛というのはよく聞く言葉ですが、頭部神経痛というのは意外となじみが無かったりするのではないでしょうか。
単なる頭痛と思って今まで飲んでいた薬を飲んでも全然効かずに病院に行ったら頭の神経痛ですと言われて驚いた方ももしかしたらいらっしゃるかも知れません。
単純な頭痛なら頭だけが原因ではないことも多々あります。
例えば肩こりなどの全然違う部位による頭痛だったりもないでしょうか。
一見全然関係なさそうですが人の神経は色々な所と繋がっていますので、このようなことも起きます。
だったら単純に肩こりなどに効く種類の薬を塗っていれば良くなりますよね。
しかし頭部神経痛というわけですから、頭自体の痛みになります。
となると単純に肩こりから来てると思い込んで、それに効く物を塗ったとしても全く効果がありません。
ではどのような種類なら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

よくコマーシャルでも流れてますが、神経痛に関してはイブプロフェンが効果的のようです。
種類によっては200mg、150mg、65mgなどが挙げられます。
薬を購入するときはイブプロフェンがどれくらい含まれているのか見て下さい。
なぜここを最初に見なくてはいけないのかと言いますと、200mgの場合に人によっては強すぎてしまって副作用が出るからです。
薬局でもよく効くなら、ということで200mgを勧められたりもしますが一般的には150mg以下の含有量が比較的副作用が出にくいようです。
あと、薬やサプリメントなどで副作用が出やすい方は65mgにしておいた方が良いかもしれません。
少ないからと言って効果が無いわけではありません。
もちろん200mgで問題ない方もいますので、その辺は個人差ということになります。
頭部神経痛には何種類かありますが、購入する際にはイブプロフェンの含有量に着目してご自身の体に合わせたものをえらんでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク