頭部神経痛 治し方 症状 原因

頭部神経痛の治し方と症状の原因

スポンサーリンク

頭部神経痛は、頭の後頭部の神経に沿って痛みが現われます。
痛みの症状には個人差があるのですが、目の奥が痛かったり、髪をブラシでとかした時に痛い、耳の後ろあたりが痛いなどの症状があります。
また、耳鳴りや肩こり、めまいなどの症状を伴う場合もあります。
日常生活に支障をきたしかねない、頭部の痛みとなります。
 頭部神経痛の原因は、疲労や風邪などの体調不良であったり、肉体的なストレスや精神的なストレスの負荷が、多くかかったことが原因となります。
ゆえに、治し方は、疲れをとったり、ストレスを取り除くということとなります。
つまり、心身共に健康な状態に戻すということが、頭部神経痛の治し方となります。
頭部神経痛は、生活習慣の乱れが原因となりますので、日頃から生活習慣が乱れないように気をつけることによって、予防することができます。
 スポンサーリンク

 頭部神経痛を発症していても、ゆっくりと休養をとれないという場合には、病院を受診して、鎮静剤やビタミンB12剤などを、服用するという治し方が効果的です。
また、痛みがひどい場合には、神経ブロック注射という方法もあります。
しかし、中には忙しくて、なかなか病院へ行けないという方も存在します。
 病院を受診するまで自宅で行える、頭部神経痛の緩和方法は、身体を温めるという方法です。
身体を温めることによって、血行が促進され、酸素や栄養素が身体のすみずみまで、行き渡るようになります。
結果、身体にたまった老廃物や、痛みを生じさせる、発痛物質を取り除くことができるというわけです。
お風呂で身体を温めたり、身体を温めるといわれる食品を、積極的に摂るようにしましょう。

また、冷たい飲み物や食べ物を、できるだけ控えるようにしましょう。

スポンサーリンク