後頭神経痛 治療 方法

後頭神経痛の治療方法

スポンサーリンク

後頭神経痛の痛みは人によって個人差が大きく、後頭部に発作的な痛みが放射状に広がるような神経痛があるといった特徴的な症状があります。
耳の後ろや目の奥まで痛みが届く事もあり、髪の毛を触っただけで痛みがあるという場合もあります。
耳鳴りや肩凝りを始め、急に頭を動かした時にめまいを起こすという症状を伴う人もいます。
主に後頭神経痛になりやすい人の特徴としては頭痛持ちである・ストレスが溜まりやすい・姿勢が悪い・骨などに病気や変形などが見られるといった事が挙げられます。
原因としてはストレスの蓄積や生活習慣の乱れや姿勢が悪いといった事などが基本的ですが、風邪や疲労によっても痛みが出る事に繋がると言われています。
治療方法としては、原因となっているストレスを発散し、生活習慣病をしっかりと見直す事や、姿勢を正しくする工夫をする必要があります。

スポンサーリンク

基本的な治療方法としては、ビタミン剤などで栄養を十分に摂取し、免疫力の低下や体力の減少を回復させる事や、ストレスを解消する生活を送る事です。
しかし、あまりにも痛みが強いといった場合であれば、鎮痛剤やブロック注射などを行ったり、漢方薬や鍼灸を使った治療方法を行います。
鍼灸を使う事によって、原因の一つとされる肩凝りを解消するという効果やリラックス効果があるため、一番体に負担をかける事なく行えるといった、手軽で有効な治療方法であると言えます。
後頭神経痛自体の痛みは、1週間以内という短期間で治る痛みではあるのですが、何度も痛みが再発する事を予防するために、医療機関で医師の診察を受け、他の頭痛である可能性や、他の病気である可能性があるかといった事を判断してもらい、確実な治療を受けるといった事が大切です。

スポンサーリンク