後頭神経痛 市販薬 対処法

後頭神経痛に効く市販薬と対処法

スポンサーリンク

後頭神経痛とは、後頭部を通る神経の痛みからくる頭痛です。
頭皮の後頭部から頭頂部にかけてずきずきと痛むのが特徴です。
頭痛の中には入りますが、正確には頭痛ではなく神経痛なのです。
頭痛のように頭が痛むので病気ではないかと病院で診断を受ける人も多くなっています。
原因はストレスが多い人や姿勢が悪い人、そして背骨や脊髄に病気や変形がある人が、なりやすい病気です。
健康的なライフスタイルからかけ離れると後頭神経痛になりやすくなっています。
軽度の場合しばらく安静にしていれば痛みは引いていきますが、症状が悪化すると最悪の場合手術が必要な場合もあります。
神経痛は体の異常を示すもので、仕事などで肉体労働や精神的にストレスが溜まっているときにもなりやすくなります。
日ごろの生活習慣が引き起こす主な要因となっているのも特徴です。

スポンサーリンク

後頭神経痛も頭痛の一種に分類されるため市販の頭痛薬で症状が緩和する場合があります。
ロキソニンやイブといった市販薬を飲むことで痛みは緩和されます。
しかし市販薬は手に入りやすいことでお勧めですが、効き目が弱いのがデメリットです。
あくまでも一時的な痛みをしのぐために利用する認識が必要なのです。
神経痛でいうとビタミンB12を摂取するのが効果的です。
市販薬とは異なりますが、サプリメントなどでビタミンB12を摂取することで神経痛を和らげる効果があります。
病院を受診して神経ブロックの注射をしてもらうのも効果的な対処法です。
鎮静剤や神経ブロックの注射は一時しのぎにはなります。
しかし何よりの対処法は、基本的に肉体的な疲れを取り、ストレスを解放させてあげることがお勧めです。
ストレスが要因となる病気であるゆえにその根源を絶つことで症状が出にくくなるのです。

スポンサーリンク