後頭神経痛 何科 病院

後頭神経痛は病院の何科を受診するの?

スポンサーリンク

一般的に神経痛は主に高齢の方に起こりやすいものとされていますが、最近では若い方にも増えてきています。
また体中の至る所に起こる可能性があり、症状もそれぞれ様々なものになります。
さらに症状によっては原因がハッキリ解明されているものと、その原因がほとんど解明されていないものとに分かれます。
その為友人や家族などに聞いても分からない場合が多くなりますし、経験者でも症状が違った場合は適切なアドバイスが行えません。
したがって、病院に行こうとしても何科を受診すれば良いのか分からないと言う方がほとんどになります。
神経痛にも色々な症状がありますが、その中でも最も痛みが強い部類に入るのが後頭神経痛になります。
この後頭神経痛は非常に強い痛みを感じるので、できる限り早く病院に行き医師の診察を受ける必要があると言えます。

スポンサーリンク

具体的な症状としては、後頭部にビリビリした痛みを感じたり針で刺されたような痛みを感じます。
そして非常に強い痛みを伴いますので、平静な状態ではいられないとされています。
また症状によっては激しい痛みとなり、痛みによって転げまわる程の激痛を感じる事もあります。
なお、痛みを感じる場所が脳に近い為くも膜下出血などの脳の病気と勘違いされる方が非常に多くいらっしゃいます。
特徴としては、痛みが長く続くことが挙げられます。
数週間から数ヶ月継続する事がありますし、痛みを感じる時間も数秒から数時間と幅が広くなっています。
病院で何科を受診するべきかと言うと、脳神経外科や頭痛外来などで詳しく検査を行う事が無難であると言えます。
なお神経痛ではなかった場合の可能性を考慮して、これらの科がある総合病院などを受診することが重要になります。

スポンサーリンク