群発頭痛 予防 食べ物

群発頭痛を予防する食べ物

スポンサーリンク

群発頭痛は季節の変わり目などに発症し、1度発症すると1〜2ヶ月ほど毎日痛みが続く頭痛です。
半年から数年後に再発することも多く、群発地震と似ていることからこの名前が付けられました。
目の奥がえぐられるようなど耐えられないほどの痛みだといわれており、我慢することが出来ずに痛みを紛らわせようと壁に頭をうちつける人もいます。
理由は分かっていませんが、20〜40代の男性に多いといわれています。
必ず頭の片側が痛むようになっており、アルコールが原因で起こることが多いです。
特にアルコールを摂取して40分〜1時間後に症状があらわれることが多いのでアルコールは控えるのが良いです。
それ以外にも急激に気圧が変化した時やタバコを吸った後などに起こるといわれています。
薬や吸入などの治療をすると効果的ですが、日常の生活で予防出来ることもあります。

スポンサーリンク

もちろん群発期間はタバコやお酒を控えることが大切ですが、食べ物で改善していくという方法もあります。
頭痛がある人のうちおよそ半数が不足しているといわれているマグネシウムは血管が収縮するのを抑制する作用があります。
このマグネシウムが不足していると頭痛だけでなく、めまいやストレスがたまりやすいといった症状が出ることもあります。
過剰に摂取しても体内で使われない分は自然に排出されるので積極的に摂りましょう。
ひじきやゴマ、アーモンドなどに多く含まれており、簡単に手に入れることができ、手軽に食べられるのでおすすめです。
逆にチョコやワイン、チーズなどに含まれるチラミンという成分は頭痛を誘発する作用があるので群発期間は控えるのが良いです。
つらい群発頭痛ですが、効果のある食べ物や控えるものなどに気をつけることで予防になるのです。

スポンサーリンク