群発頭痛 最新治療 スマトリプタン在宅自己注射 

群発頭痛の最新治療はスマトリプタン在宅自己注射

スポンサーリンク

群発頭痛は、個人差はありますがある時期に集中して起こる頭痛です。
目の奥がえぐられるような激しい痛みを伴う頭痛で、発症時期にはアルコールがきっかけで頭痛が生じやすくなる特徴があります。
群発頭痛の患者は緊張型頭痛や片頭痛と比較して患者数は少ないのですが、同じ頭痛でも激しい痛みを伴い日常生活に支障を及ぼすこともあります。
群発期以外には、痛みは全くなく日常生活を送ることができますが、一度痛みが現れると毎日のように頭痛に襲われます。
痛みの続く期間は1か月から2か月程度です。
そしてその後頭痛が生じない時期が続き、再度頭痛に襲われます。
これを繰り返すのが群発頭痛です。
男性に多く、20代から40代頃に発症するのが特徴です。
アルコールが要因となることから、飲酒後数十分で頭痛が生じやすくなります。
飲酒は必ずと言っていいほど頭痛を引き起こすため、患者はこの時期の飲酒を避けます。

スポンサーリンク

通常の治療方法は、薬物治療と酸素吸入法が中心となります。
発作が続く場合は、トリプタン系の薬剤を使用することで頭痛を緩和させることができます。
群発頭痛の持続時間は1〜2時間の場合が多いため、身近に薬を用意してすぐに対処できるようにしておくことが大事になります。
しかし鎮痛剤はあまり効果が出にくいのです。
群発頭痛の最新治療としてスマトリプタン在宅自己注射があります。
飲む薬は作用するまでに時間がかかります。
そのため発作が起きた瞬間に作用がある注射が最新治療として話題になっています。
自分で注射できる自己注射キットを持ち歩くことで有効率を極めて高くすることができます。
注射以外では、点鼻薬も用意されています。
有効性は若干下がりますが、即効性や利便性は高くなっています。

スポンサーリンク