群発頭痛 軽い 症状

群発頭痛の状態と軽い症状の対処法

スポンサーリンク

頭痛の中に、慢性頭痛のひとつに分類されている「群発頭痛」というものがあります。
群発頭痛は、特に20代〜40代の男性に多くみられ、ある時期に集中して発生し、目の奥がえぐられるような痛みを伴うことが特徴として挙げられます。
この頭痛で感じる痛みは、頭の片側に発生し、目の奥やその周囲に広がっていきます。
痛みに耐えられずじっとしていられないくらい酷い頭痛であり、痛みを紛らわせるために動き回ったり、頭を壁などに打ち付けてしまうと言った人も中にはいると言われています。
一日に数回、同じ時刻に痛み出すと言った特徴もみられます。
また、一度発症するとそれから毎日の様に一定期間症状が発生し、その後は暫く時間をあけて再度発症する傾向にあります。
頭痛が発生している時期は群発期と呼ばれており、その時期以外であれば症状は収まっています。

スポンサーリンク

群発頭痛の発症原因には、アルコールが起因していると考えられています。
特に、群発期の飲酒は発生率がほぼ100%とも言われています。
その他、急激な気圧の変化や煙草が関係しているケースもあると考えられています。
激しい痛みが特徴でもある群発頭痛ですが、症状が軽いというケースも時折あります。
また、その場合には深い腹式呼吸をすることで更に痛みを和らげることが出来るとも言われています。
しかし、症状が軽いのはその時だけのことであり、一時的なものとして考えられています。
ゆえに、群発頭痛を発症して症状が軽いと言う場合でも、その後に再度発症する際に激しい痛みを覚えるという場合も少なくはないのです。
激しい痛みだけでなく、しびれや麻痺、嘔吐に吐き気などの二次性頭痛が現れた場合、危篤な病気を患っている可能性が考えられるため、速やかに医療機関を受診することが推奨されています。

スポンサーリンク