群発頭痛 治った 方法 要因

群発頭痛が起こる要因と治った治療方法

スポンサーリンク

群発頭痛とは、偏頭痛や緊張型頭痛に比べて、患者数が少ない傾向にある頭痛です。
群発頭痛は、男性に多くみられる頭痛であり、1か月〜2カ月の間ほぼ毎日起こります。
必ず頭の片側だけが痛むという特徴があり、片方の目の奥や目の周辺が痛み始め、頭の片側へと広がっていきます。
痛くてじっとしていられないような、目の奥がえぐられるような激痛を伴います。
前述しましたように、1か月〜2カ月間ほぼ毎日、1日に1回〜2回頭痛が起こり、1回の痛みは、短くて15分、長い場合には3時間ほど続きます。
また、明け方に頭痛が起こる場合が多く、毎日ほとんど同じ時間になると痛くなるという特徴があります。
群発頭痛は、アルコールや喫煙が頭痛を誘発する要因となります。
群発期間は、禁酒と禁煙が原則となります。
群発期間に飲酒すると、100%頭痛が起こります。

スポンサーリンク

群発頭痛の原因は、はっきりとは解明されていないのですが、お酒やたばこなど嗜好品の過剰摂取、睡眠不足、睡眠過多、気圧の変化などが頭痛を引き起こす要因となります。
群発頭痛持ちの方で、頭痛が起きやすい時期がわかっている場合には、できるだけこれらの要因を避けて、生活するようにしましょう。
この頭痛は、市販の頭痛薬で治ったという人はまずいません。
市販薬を飲むという方法で、まったく症状が治まらない場合には、神経内科、脳神経外科を受診するようにしましょう。
また、頭痛外来がある場合には、頭痛の専門医となりますので、より適切な治療方法を受けることができます。
鼻から入れる点鼻薬で、頭痛が治ったという人も多く、皮下注射より即効性は劣るのですが、飲むタイプの錠剤に比べると即効性があり、鼻に注入してから15分ほどで効果が現れてきます。

スポンサーリンク